オール電化で電気代が本当に節約可能か徹底分析

オール電化のメリット

オール電化,電気代,光熱費

電気代やガス代というような光熱費をいかに抑えていくかということは、快適な生活を行っていくための大きなテーマの一つとなります。

 

そんな中注目されているのが、ガスを撤廃し、すべてのエネルギー供給を電気で賄おうというオール電化住宅です。

 

オール電化住宅にすることによって、

  • 光熱費が安くなる可能性がある
  • 火災のリスクを減らすことができる
  • 災害時にもより早い復旧を見込むことができる

など、多数の良い点が存在しています。

オール電化がいいことばかりではない?

オール電化,電気代,光熱費

そうしたことから、オール電化住宅を利用していきたいという人は一定数存在しています。
しかしオール電化にしたからといって、良いことばかりではありません。

 

ガスの使用を撤廃するということは、電気のみに生活のエネルギーを依存するということになります。
そうすると結果的に、停電などの問題が発生した際に一気に家庭の機能が停止してしまうのです。

 

このように、様々な状況に対応していくための手段としては、かえって不利になってしまうということも考えられるのです。

 

また必ずしもガスを撤廃することが、光熱費の削減につながるというわけではありません。
自身の家でガス代をどれくらい支払っているのかと合わせて、オール電化を
検討していくことが、より良い結果を出すためには必要不可欠になっているのです。

太陽光発電と合わせて考える

オール電化,電気代,光熱費

またオール電化と合わせて考えられるものに、太陽光発電などのような発電方式を検討するというものもあります。

 

一見すると、太陽光発電とオール電化の併用は、太陽光発電で作った電気をオール電化で生活の役に立てるという意味で、たいへん効率の良い方法に思われます。

 

しかし、実はこの2つを導入する目的は、まったく別のものになっているのです。
そのため必ずしも太陽光発電を導入したからといって、オール電化にするほうが得であるということにはつながらないのです。

 

こうした電力供給のシステムについてしっかりとした理解を深めていくことができるようになれば、
それだけ電気代などの面で良い結果を出すことができるシステムとして、オール電化を利用していくことができるようになるのです。

 

オール電化

 【新日本住設】オール電化の無料相談!全国対応
 オール電化が光熱費の常識を変えます!!ガス代0円!電気代70&削減!
 新日本住設のオール電化は「オール電化」に関して、3000件以上の実績があります!
 甲子園にも看板があるアフターメンテナンスの体制が充実しているのが【新日本住設】
 【Panasonicわが家見直したい】販売コンテスト第一位の新日本住設にまずは無料相談♪

オール電化の無料相談!【全国対応】


オール電化ならガス代を使わない

オール電化,電気代,光熱費

オール電化住宅は、近年多くの人から利用されているということからも、非常に広がりを見せているものです。

 

これほどまでにオール電化の住宅が注目されるようになったのは、それだけ多くの利点がオール電化住宅には存在しているからにほかなりません。

 

どういった点が利点として機能しているのか、それを知ったうえで住宅を選択していくことができれば、よりその住宅に住んで得られることのできる満足感は大きなものになっていくものです。

オール電化の利点の一つ

オール電化,電気代,光熱費

オール電化住宅の利点の中でも特に実感することが簡単で、多くの人が魅力を感じているメリットとして、かかる光熱費が少なくなるということがあります。

 

生活に必要なすべてのエネルギー源を電力に依存することによって、従来必要としていたガスなどを使用することなく、生活に必要な設備をすべて賄っていくことができるようになるのです。

 

そうすることによって、オール電化のメリットである光熱費の節約というものをより効果的に行っていくことができるようになるのです。

 

ガスを全く使わない生活であるのならば、ガス代の基本料金もかからなくなります。
単純計算で今まで使用していたガス代が、そのまま電気代に変換されたとしても、
ガスの基本料が必要にならない分、オール電化のほうが安く使用していくことができるということになります。

 

こうした料金に対する利点というものは、利用していく人にとって、最も利用しやすい要因となります。
このようなことがオール電化住宅が選択される理由の代表的なものになっているのです。


深夜電力を利用するオール電化

オール電化,電気代,光熱費

オール電化の住宅は、生活のために必要となる光熱費を電気のみで賄うことができます。
そのため、電気代の設定基準というものが、より生活に大きな影響を与えるものになるのです。

 

そのため電気代の性質をより理解したうえで利用していくことができるようになれば、オール電化の利点というものは、より確実に感じることができます。
そして多くの人がオール電化が利用しやすいものとして感じることは間違いないでしょう。

 

オール電化の住宅に住んでいくために理解しなくてはならない最も大きな要因といえば、電気には深夜電力というものが存在しているということです。

深夜電力を溜めて安く電気を利用できる

オール電化,電気代,光熱費

深夜は、通常よりも安く電気を利用することができる時間帯です。

 

蓄電能力のあるオール電化住宅であれば、電気代の安い時間に電力を供給し、電気代が高い時間に安い時間の電力を使用していくことができるようになるというメリットが存在しています。

 

電気を蓄える事ができると、電力が使用しやすい時間帯の電力をいつでも利用していくことができます。
こういった点でも、オール電化のメリットは大変大きなものであるといわれているのです。

 

そのほかにもこの電力などのエネルギーをためておくことができるというシステムは、
災害時などにも対応することができるようになるため、有効な手段になるケースも多くなっています。


オール電化で災害時も迅速に対応

オール電化,電気代,光熱費

オール電化を実用化することによって、様々な利点がみられるようになっています。

 

深夜電力を利用することなどによって、かかる電力を最小限に抑えることができるようになっています。
さらに、常に電力などを蓄えておくことができるシステムなども備わっています。
このように、より様々な状況でオール電化の利点というものは発揮されるものになっているのです。

 

そうしたことからオール電化は災害時にも活用していくことができるシステムとして、各方面から注目を集めるようになっているのです。

最も災害に強いライフラインは電力

オール電化,電気代,光熱費

被災地などでも、最も早く復旧し使用することができるようになるライフラインは電力であるといわれています。

 

そのため災害時に、ガスなどでお湯を沸かしていくことがままならない場合であっても、電気でお湯を沸かすシステムが使用できるというケースは決して珍しいものではありません。

 

オール電化を導入している住宅ほど、災害からの立ち直りも早くすることができるという報告もなされています。

 

そのためガスを使用していくことよりも、オール電化を使用していくことが
災害時には効果的であるといわれることが多くなっています。

 

もう一つのライフラインとして重要なものと考えられている水道も、
オール電化を導入している住宅は意外なところから解決を行うことができるようになっているのです。

 

つまりオール電化を導入することによって、電気、ガス、水道というようなライフラインが使用できない
災害時であっても、そこからいち早く元の生活を取り戻すことができる手段として有効になっていくものなのです。


貯水タンクの水を有効利用

オール電化,電気代,光熱費

オール電化を利用していくことによって、普段の光熱費をより割安で利用していくことができるようになります。

 

さらに、災害時などのように通常のライフラインを使用していくことができなくなってしまうような状況であっても、迅速な対応を行うことができるようになるのです。

 

ガスや水道は電気と比べて災害時の復旧が難しいものであるというのが一般的です。
オール電化の住宅であればガスや水道などの問題にも、ある程度対応していくことができるようになるのです。

 

ガスで起こる問題に対応することができるのはともかくとして、なぜ水道の問題にまで対応することができるのでしょうか。
そこにはオール電化にのみ備わった優れたシステムが存在しているのです。

電力でお湯を沸かすエコキュート

オール電化,電気代,光熱費

オール電化でお湯を沸かすことができるシステムの中にエコキュートというものがあります。

 

エコキュートの特徴として、あらかじめ沸かしておいたお湯を貯水タンクにためておくことで、いつでもお湯を使用することができるというものがあります。

 

そうしたオール電化のメリットをよりしっかりと感じ取ることができるようにすることが、よりたくさんの利点を実現していくためには欠かすことができないものになっているのです。

 

つまりオール電化の住宅であれば、貯水タンクに用意されている水を利用していくことによって、
災害時でもある程度使用していくことができる水を確保できているということになります。

 

ただしこれらの水は飲用には適さないものであるため、洗濯や洗い物などを行うための水として使用していくべきものです。


オール電化で減る火災のリスク

オール電化,電気代,光熱費

オール電化住宅を利用していくことによって、普段からかかる光熱費を節約していくことができる可能性や、災害時にも自身の安全を確保していくことができる手段が見つかるなど、様々な利点が存在しているものであるのは間違いありません。

 

しかし普段の生活も、オール電化が実現することによって、より良いものにしていくことができるようになるのです。

 

どのような点で、オール電化が優れたものになっているのかを知ることができれば、それだけでもより効率の良いオール電化の利用が実現していくものになるのです。

オール電化は火災が起こりにくい

オール電化,電気代,光熱費

オール電化の利点の中でも特に大きなものの一つが、火災のリスクが少ないということです。

 

従来のガスコンロなどは、直接火が出るものでした。そのために思わぬところから火が燃え移り、火災などの原因になってしまうというケースが少なからず存在していました。

 

しかしオール電化の際に使用されるIH調理器具というものは、熱のみを使用するので、火災のリスクを大幅に減らしていくことができるものとなっているのです。

 

そのために安全に使用していくことができる要素が高まり、毎日を安心して生活していくことができるようになっているのです。

 

そのほかにもオール電化であれば、通常の火を使用して起こる可能性がある一酸化炭素中毒などの問題に直面する可能性も低くなります。
より安全な毎日を実現していくためには、欠かすことができないシステムであるのです。


オール電化で空気をきれいに

オール電化,電気代,光熱費

オール電化を使用していくことは、災害時への対処や光熱費の削減などのように数多くのメリットが存在しているものです。

 

その中でも特に規模の大きな影響として、空気をきれいにしていくことに貢献することができるというものがあります。

 

オール電化を使用していくことによって、ガスを使用していた際に発生していた炎などが見られなくなりました。それによって、火を燃やした際に発生する、二酸化炭素などの有害物質を発生させることなく、日常生活を送っていくことができるようになるのです。

 

こうしたことが、オール電化の大きなメリットの一つとして取り上げられ、より多くの人が安心した生活を実現していくことができるようになっているのです。

 

具体的にどういった面がオール電化を導入することによって優れた点となっていくのかを
知ることができるようになれば、それだけでもオール電化の利点として、機能していくことになるのです。

オール電化はガス漏れの心配なし

オール電化,電気代,光熱費

またガスを使用していると、ガス漏れなどが事故に発展してしまうというケースも否定することができません。

 

そうしたことがないようにするために、オール電化でガスを使用していかないということが効果的になるケースもあります。

 

安全でなおかつ無害な加熱調理を行う方法として、オール電化のキッチンなどは大変優れたものとして機能していくことになるのです。

 

しかしオール電化であったとしても、調理器具などが過剰に加熱されてしまった場合には、
発火などの可能性もあるため、事前に注意を行っていくことが欠かせないものとなります。

 

オール電化

 【新日本住設】オール電化の無料相談!全国対応
 オール電化が光熱費の常識を変えます!!ガス代0円!電気代70&削減!
 新日本住設のオール電化は「オール電化」に関して、3000件以上の実績があります!
 甲子園にも看板があるアフターメンテナンスの体制が充実しているのが【新日本住設】
 【Panasonicわが家見直したい】販売コンテスト第一位の新日本住設にまずは無料相談♪

オール電化の無料相談!【全国対応】


【オール電化で電気代が本当に節約可能か徹底分析】関連情報